📖 新着 投資おすすめ情報



3次元ベータトレード塾

最大月利50%の100年間使えるロジック

2020年10月8日(木)〜10月14日(水)の7日間限定。



持田有紀子3次元ベータトレード塾の特長をピックアップ

3次元ベータトレード塾

3次元ベータトレードの特長

「3次元ベータトレード」の特長を、
1〜10までピックアップしました。

1)月に40%の利益が見込める

元本が大きくても小さくても40%を見込めます。

持田先生は、月の収益を1.5倍にしようと取り組み、
結果、40%の利益で収束することが多いです。

2)いつでもトレード出来る

早朝でも、深夜でも、仕事前でも、仕事後でも、
好きな時間にトレードをすることが出来ます。

3)毎日トレード出来る

「相関性」を利用すれば相場の波は関係ありません

ボラティリティが無くても構いません。
凪のような相場でも利益を残せます。

4)労力をとことん省ける

相場に向き合ってトレードする時間は、
考える時間も含めて1回あたり10分から30分くらいです。

5)短期決戦で勝負がつく

エントリー時点で、利益と損失を確定させるので、
注文したら、後はパソコンを閉じてしまって問題ありません。

6)少額から開始することが可能

「3次元ベータトレード」は「5万円」から開始出来ます。

7)リスクが限定されている

リスクコントロールのルールが明快なので、
損失が膨らむ前に損切りをしていきます。

むしろ、損切りは積極的に行っていくと言った方が、
適切かも知れません。

8)知識ゼロの初心者が短期間でマスター出来る

投資経験の無い、知識がまるっきりゼロの初心者であっても、
3ヶ月もあれば実践も含めてマスターすることが出来ます。

勘のいい人であれば3日もあれば十分です。

9)10年、20年と使い続けることが出来る

「相関性」を利用した相場の本質を捉えた手法なので、
相場が存在する限り活用することが出来ます

したがって「手法がすたれる」と言うコンセプトがありません。

10)お金儲けに徹する

テクニカル手法に詳しい人間になる必要も、
会社情報に詳しい人間になる必要もありません。

つまり、「マーケットの学者」になることなく、
お金稼ぎに貪欲にとことん注力すればいいと言う考え方です。
(株式会社スリーディさんのメールより)

3次元ベータトレード塾・300.jpg
公式サイトはこちらから

3次元ベータトレード塾
公式サイトはこちらから


発行者:株式会社スリーディ

3次元ベータトレード塾 詳細
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック