📖 新着 投資おすすめ情報



3次元ベータトレード塾

最大月利50%の100年間使えるロジック

2020年10月8日(木)〜10月14日(水)の7日間限定。



持田有紀子3次元ベータトレードは315.7%のパフォーマンスを上げています

3次元ベータトレード塾

3次元ベータトレードとは?

3次元ベータトレードとは、

1、通貨(「ドル円」と「●●」)
2、株式(「日経225先物」と「●●」)
3、債権(「●●」)
4、コモディティ(「●●」)

という「4つ」の金融マーケットから、
「6つ」の金融商品の相関性を利用して、
勝つべくして勝つトレードを行います。

3次元ベータトレード塾・金融マーケット.PNG

例えば、
「FXのドル円」が上がると、
「日経225先物」も連動して上がります。

「日経225先物」が上がったら、
「●●」はそれとは反対に下がります。

3次元ベータトレードでは、
このような特定の「金融商品」同士に存在する、
密接した「相関性」を用い、
相場へのアプローチを行ってまいります。

3次元ベータトレードの手法は、
持田有紀子先生が2003年の米軍のイラク侵攻以来、
一貫してトレードに活用し、
年ベースでの無敗を続け、大きく稼ぎ続けています。

持田有紀子先生の直近の個人のトレード成績は、
2014年12月1日〜2015年6月10日までの「6ヶ月と10日間」で、
「50万円」の元本に対して、
利益は「1,578,300円」となっており、
315.7%」のパフォーマンスを上げています。

3次元ベータトレード塾・持田有紀子.PNG

3次元ベータトレードは、対象者を選びません

「3次元ベータトレード」の特長は、
対象者を一切選ばないと言う点にあります。

どう言う事かと申しますと、
上述いたしましたように、3次元ベータトレードは、
「4つ」の金融マーケットから、
「6つ」の金融商品の相関性を利用します。

したがいまして、
「3次元ベータトレード」をご利用になる層は、

・FX層
・個別株層
・日経225先物層
・オプション層
・その他の金融商品層

など、幅広い層にアプローチが出来ると言う訳です。

つまり、「3次元ベータトレード」を利用して
相場から収益をあげられるのは、
ジャンルを問わず、「全てのトレーダー」と言う事になります。
(株式会社スリーディさんのメールより)

3次元ベータトレード塾・300.jpg
公式サイトはこちらから

3次元ベータトレード塾
公式サイトはこちらから


発行者:株式会社スリーディ

3次元ベータトレード塾 詳細
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック